日本人初のマレーシア映画技術者功労賞を受賞

マレーシア映画技術者協会の映画祭で、日本人で初めて映画技術者功労賞を受賞しました。 マレーシア在住40年。 マレーシア映画の父、タン.スリ Pラムリーとも面識のある唯一の日本人でもあります。 MOHD NOOR TAGAYA 現地の新聞に載った写真と記事です。(右側)
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

競馬の話その2

ムスリムにとって断食明けのお祭りがとても大事な行事です。 大人も子供も着飾って、尊敬する人、親族などを訪ね1年間の許しをこうのです。 では何故ムスリムは1ヶ月間断食しなければならないのでしょうか。 その一つは、日の出から日没まで総ての欲望を断ち、アッラーへの感謝を忘れないこと。 2つめは、貧しくて食べることさえままならない人達を…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

競馬の話

オフィスの移転のため今まで書けませんでした、お詫びいたします。 当時、マレーシアの競馬は2週ずつクアラルンプール、イポー、ペナン、シンガポールと回っていました。(KLCCのツインタワーの下が競馬場だったころ) お金に困った仲間5人が集まって、何か金儲けの方法はないものか相談していました。 ある日、その中の一人が、良い話を聞いたと興…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワッチャイ

生まれて45才になるまで一度も水に入ったことが無いワッチャイ。 彼はマレーシア国籍の中国人(客家人)でマレー語の学校へ通ってアラビア語のコーランを習った変り種です。英語、マレー語、広東語、北京語を話す名コーデネーターです。 これは「電波少年」のコーデネートの時の話です。依りによって「スワンボート」がマレーシアを通過する45日間の海上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1998ジョホールバル

本文の前にちょっと アッラーはイスラムの地に多くの石油を下されたのですが、、、 他の宗教を信じる人々でも、勉強、研究、努力を惜しまなければ、アッラーは月へでも宇宙にでも行かせてくれるのに、ムスリムならそれ以上の恩恵をくださるのに、、、、どうしたっちゃのかな。。。。。 ジョホールバルの話にもどります。 私達はフジテレビのコーデネー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TVの中継あれこれ

本文の前に少し なぜコーランはアラブに、またムハンマドに降されたのでしょうか? 何故ならアッラーが、そろそろ人間には新しい啓示が必要だと感じ、何処の誰が良いのかと世界中をみわたしたのです。 世界中で時間がたっても変わらない言語を捜したら、アラビア語以外に見つかりませんでした。 そして、アラビアの中で最もすぐれた人間ムハンマドに啓…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イスラムの話をちょっと

この話は私が1975年にマレーシアのイスラム学校で、カイロ大学から来た先生に聞いた話です。(コピーライトはありません) その前にイスラムについてすこしだけ。 イスラムとはアッラー(神)が定めた宗教です。その意味するところは平和であること、アッラーに絶対服従を誓うことです。それを信じる人達をムスリムと言います。ムスリムは一日5回お祈り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more